架空請求業者の意外なスキルの高さを知った

Pocket

詐欺。言うまでもないけど犯罪です。

でも実際にそれで飯を食っている人たちがいる。

逮捕のリスクを常に抱えながらする仕事なのにわざわざ詐欺を選ぶのは何故なんでしょう。

架空請求を例に、一体どんなスキルが必要なのか考えてみました。

ネタ集め

新しいネタがないと客(カモとも)は入ってきません。

継続的にえっちなネタを集めて掲載する必要があります。

サイトのデザイン

架空請求、まず詐欺をはたらく場、主にえっちなサイトとなるのですが、ここのデザインや運営をせねばなりません。

企業のサーバーを借りて行うわけにもいかないので基本的にサーバーは自分で構築して自分でメンテナンスするはず。

もうこれだけで息が詰まりそう。

少しの時間でもサーバーを落とすと折角のビジネスチャンスを逃していくことになるんですから責任重大です。

ましてや個人規模でそんな完璧な運営なんて……

さらに架空請求の画面も作らないと。

自分自身が体を張って、とある架空請求のページに行ってきました。

ぱっと見で確認できたのが、

HTML

PHP

JAVASCRIPT

の3つ。CSSは無かったはず。

この3つが書けるならいっそ詐欺なんかやめてウェブデザインで働きはじめたらどうだろう。

24時間電話対応

自分が見に行ったサイトはそうでした。

いつ電話がかかってくるかわかりません。少ないビジネスチャンスを逃すわけにはいかないので、常に気を張って電話のそばにいる必要があります。

まあ数人で交代しながらやればいいんでしょうけどね。

詐欺師のスキルは高かった

·継続的なネタ集め

·完璧なサーバー運営

·ウェブデザインのための言語習得

·24時間対応

結論。スキル高すぎるから就職しないともったいない

以上。

アイキャッチ画像はフリー素材ぱくたそ様から”猫がワンクリック詐欺踏んじゃった”です。