まわりくどいクジjs

Pocket

いつもの如くこちらをご覧ください。

適当な数字(5桁以下を強く推奨します!大きな数字を入れるとページがフリーズすることがあります!)を入力しstart!を押すと……

大量の数字が出てきました。

入力した数字に足し算と引き算を繰り返しています。

そして0以下になったら終了。

ちなみに、ちょうど0で終わると「大当たり!」とでます。

大当たりが出る確率は答えられません。

ちょっと複雑なもんで……

気が向いたら統計を出して計算してみます。

ソースコードです。

let a;
function start(){
a=parseInt(document.js.txt.value);//1
let b=a;
let c=0;
while(0<b){//2
b=b-Math.ceil(Math.random()*10-Math.random()*10);//3
document.write(b+", ");
c++;
}
console.log(c);//4
if(b==0){//5
alert("大当たり!");
}}

//1

テキストボックスに入力した数字を変数aに代入しています。

そしてaをbに代入しています。

一見すると超謎な命令ですが、これは製作中にいろいろいじって遊んでいたときの名残ですのでお気になさらず。

//2

数字が0以下になるまで足し算・引き算するよ〜と言ってます。

//3

(1~10)-(1~10)をbから引き算した数をbに代入するよ〜と言ってます。

-9~9までの数をbから引いていきます。

結果、足し算と引き算を繰り返すことになります。
こちらで紹介した通りMath.random()は割とポンコツな呪文なのですが、ここではまあseed値なんて使わないので良しとします。

//4

PCからアクセスして、F12で「デバッグモード」を開きながらstartを押してみてください。

consoleってところに、何回足し算・引き算を繰り返したかが表示されます。

//5

足し算・引き算の結果ちょうど0で終わったら「大当たり!」とでるコードです。

こんなの作ってどうすんの?

どうもしません。

特に役に立つ場面も思いつきませんので、ただのお遊びでしかありません。