年末年始のテレビのつまらなさは常軌を逸している

Pocket

あけまして閉じます!

新年ですね。

お正月といっても病院なので特にすることもない雷之電です。

タイトル通り、今日はテレビについてです。

ここ最近、僕はほとんどテレビをつけていません。

大喜利の特番くらいでしょうか。あとはスポーツ……

年末年始はほんとに面白くないですね。

年越し前はだらだらと長ったらしい特番ばかり。

越したら今度は芸人が集まってぺちゃくちゃお喋り。

どこが面白いんですかね。

年末は紅白歌合戦かガキ使か、とか聞かれますが、歌には全く興味がない(最近までLemon?なんて耳にしたことすらなかったレベル)し、芸人にもあんまり興味ないんです。

芸人がネタやんない番組のどこに価値が(ry

芸やってなんぼでしょうってことで僕は漫才総集編みたいなのをDVDで借りてきて観たりしています。

もちろん完全に主観的な意見です。あれが面白いと思って熱中して観ている人もいるんでしょうね。

でも広告費は負担させられる理不尽さよ

ものを購入すれば、価格の内訳にはもちろん広告費が入っています。

でもこればかりはどうにもならないんですよね……

宣伝されていない商品(そんなのあるわけ)を積極的に購入する、とか?

まあ、正直なところ価格相応の品質さえあればどーでもいいんですけどね。

スポンサーに媚びた内容しか作れない

広告主のイメージダウンに繋がる内容の番組は作れません。

よって無難な内容になってしまいます。

万人受けする内容しか作れない

視聴率が命なので、視聴者が少しでも気分を悪くする内容の番組は作れません。

よって無難な内容になってしまいます。

よって内容が無いよう。

ニュースがないと不安?

なら新聞をとればいいじゃない。

犯罪史に残る大事件を、知っていないと不安で夜も眠れませんか?

知っていないと不安で心臓が止まりますか?

日経新聞なら情報元のしっかりしたニュースを読むことができます。

地方紙ならもっと生活に密着した、本当に役に立つ情報が載っています。

さらに規模が小さいのをいいことに、広告主に強く媚びることのない、編集者の本音だって載っていたりします。

くだらない情報を一日中垂れ流すのに電気代や犬HKの受信料を払うより、そのお金を新聞にかけてみませんか?

1日コーヒー1杯分の値段(月額制サービスの常套句ww)で、あたたかい紙に触れられます。

ちなみに僕は退院したら中日新聞をもう一度購読し始めようと思っています。

入院のお陰で読む人がいなくなってしまったので2018年は購読を止めていたんです。

読む時間がない?

観たい番組があったら無理矢理にでも時間を作るクセに。

テレビ、これからどうなっていくんでしょうか。

まずはスタッフの労働環境を改善してほしいナ……