爆速表示の国産WordPressテーマ、「Godios.」

Pocket

どうも、雷之電です。

今回は当ブログでも使用しているWordpressテーマ「Godios.」の紹介です。

良いと思った特徴

表示速度が半端なく速い”非同期画面遷移”

ヘッダー・フッター・サイドバー等の固定要素は最初に1度だけ読み込み、「ページ遷移時にはコンテンツ部分のみを新しく読み込む」という手法を取りました。
この手法を使うことにより、固定要素を毎回読み込む必要がなくなったため、通信量を大幅に削減し、体感ページ遷移速度ほぼ0秒を実現可能にしました。

どのページも変わらないところは毎回読み込む必要なんかなくね?使い回しゃよくね?

という考え方です。

確かにこれは革新的ですね。通信量の削減になるというのは大変嬉しいです。

内部SEO最適化済み

モバイルフレンドリーなサイト設計、パンくずリストの設置、URLの正規化、ディスクリプションの自動挿入、読み込み速度の向上、構造化タグのサポートなど、テーマ側でできるSEO対策を実装しています。

SEO対策!これ重要!
googleもスマホでの閲覧に対し高いパフォーマンスを求めてきています。すごい悔しいけどPCがスマホに負けてきています。

なのでモバイルフレンドリーなサイト設計は今後かなり重要視されてきます。

パンくずリストも地味に嬉しい。本来はプラグインで何とかしなきゃいけないのですが、プラグインは入れすぎるとサイトが重くなってしまいます。

テーマ側で用意してくれるなんて!

画像・iframeの遅延読み込み(Lazy Load)に対応

高速化のために画像・iframeの遅延読み込みにも対応しています。
画像を表示領域に入ってから読み込むことでページの読み込み速度を高速化しています。
もちろん管理画面からこの機能をOFFにすることもできます。

画像はあくまで記事の補助的役割を担っているに過ぎず、メインは文章なので、先に文章を読み込んで画像を後回しにしようというわけです。

これにより読者のサイト離脱をある程度防ぐことができるでしょう。

まとめ

  • サクサクページ移動できる
  • 内部SEO対策済み
  • 画像をあとから読み込んでサイト離脱を防止

個人的にデザインも気に入っているので、当面はこのテーマで行こうと思っています。

きっと今後Godios.から変えることはないでしょう。

革新的な表示速度を実現可能にした無料WordPressテーマ Godios.

こちらが公式サイトになります。