退院したら初っ端定期テストだった

Pocket

こんにちは。
今日は日記ですね。

とりあえずの生還報告とその後の話です。

何せ投稿期間が空いてしまったものですから、色んな話が溜まっているのですよ…

夏休み初めまでメタクソに忙しかったんです。

退院しました

さよなら日赤

s-P_20190614_143126_vHDR_On

ようやく、ようやくです。2019年6月下旬に退院しました。

宣告から一年4ヶ月です。

当初10ヶ月の予定だった治療が、年齢やら最悪のアクシデントやらでどんどん延びてしまったんですね。

あ、最悪のアクシデントについてはこちらからどうぞ。具体的には膵炎の話です。

いやしかし、僕はたまたま運が良かっただけで、白血病の5年生存率って、たったの7割程度なんですよ…

実際同じ病室の人も何人か亡くなってますし。

いきなり個室に行ったと思ったら、いつの間にか退去してるんです。いつの間にか。

これで自由・・・ではない

退院したら好きなことをしてもいい、というわけではありません。

まだ刺し身とかはだめですし、個人的には生卵を食べられないのが辛いですね…

TKG大好きなのに。

まあ卵って菌の塊ですもんね。

あとは、人混みとか、空気の悪いところに行っちゃだめですね。

医者から禁止されているわけではありませんが、あまりいい顔はしません。

当然です。この前も人混みへ行った次の日に風邪引いてましたもん。

まだ抗癌剤の内服は続いているので、免疫は低いですし、貧血も治りきってはいません。

ずっと入院していた身体なので、運動も人並みに、とはいきません。はじめのうちは椅子に1時間座っているだけでも疲れてきます。

それでもなんとか最低限生活できるくらいの体力は必要なので、体育の授業はやれるところは参加しました。

いきなり期末テスト!

何も手を付けていない状態でいきなり期末テスト受けることになりました。

文字通り何も手を付けていません。知識問題なんか手も足も出ません。

おかげで物凄い点数をとってしまいました。

最高と最低を書くと、

  • 現代文83点
  • 数学A10

ですw

いや、よく現代文ここまで行けたなと思います。

たまたま出題された文章が過去に読んだことのあったものだったことが大きいですね。

ちなみにこの記事作成時点で追試は終わってます。

数学全部理解するまで帰れま10を何日も繰り返して準備させられたので、今度こそ大丈夫だと思います。

単位がギリギリ!

新年度が始まってからの2ヶ月くらいは間に合わず、そこの授業は全て欠課となってしまいましたorz

不可抗力だったのでどうにかしてくれないかと頼んでみましたが、残念、ここは頭の固い公立高校。ダメでした…

コミュニケション英語の単位がもうすぐ足りなくなるとのことなので、いきなりもう休めないような状況です…

くそ、背水の陣だ!(あんた一人で「陣」なのか?)

流石にもう一年留年なんて嫌ですよ。

そんなこんなで生還しました

この不定期投稿零細ブログに読者様がいるのか甚だ怪しいところですが、生き地獄から這い上がったこの雷之電を、これからも、どうかよろしくおねがいしますm(_ _)m

 

ここで報告。

中のいい友達と始めることになったyoutubeチャンネル、ロゴの構想が固まってきました。フィボナッチ数を至るところに配置するというものです。

そしてそれの作成者はきっと僕になるだろうと思ってます…

製図なんかやったことないのに!

ましてや2DCADなんか!

 

それではまた。