白血病

no image

白血病患者はさながらスペランカーのようだ

白血病。僕も白血病です。福島の原発事故以来、日本の白血病患者数は10倍になったそうです。最近よくニュースで取り上げられるようになりましたよね、有名人が罹患したりして。今回は白血病に起因する、意外な死因をご紹介します。免疫肺炎白血病に罹っている"だけ"で入院してくる患者はあまりいません。だいたい、感染症なんかにかかっています。そこ

最後の入院が始まりました

一年と四ヶ月ようやく退院ですわ。

病院で2度目の誕生日を迎えました

おはこんばんにちは。今日は2019年2月12日、僕の誕生日です。無事16歳になりました。重度の貧血で赤十字病院にかかり検査入院が始まったのが去年の2月6日なので、僕はこの病院で2度歳を重ねたことになります。去年の今ごろはまだ急性白血病の宣告を受けたばかりで、次の誕生日をこの世で迎えられるかすらわかりませんでした。白血病は死の病というイメージ通り、未だ完治できる人は少ないのが現状です

年はじめに文字通り”何も”食べなかったうえ麻薬を使うことになった話

膵炎になりました、雷之電です。膵炎って、メチャクチャ痛いんですよ。1月2日に、急に激しい腹痛に見舞われまして……採血やX線、CTスキャンの結果、膵炎と診断されました。原因は、ロイナーぜという抗癌剤です。それで、あまりに痛みがひどいのでそれを緩和するために医療麻薬を使うことになりました。いやほんと、冗談抜きでのたうちまわる程の激痛です。というか麻薬の鎮痛効果をもってしても膵炎

そういえば一時退院前の目標ってどうなったんだ!?

どうもおはようございます、雷之電です。さっきまで昼寝してました。昼寝からのインスリン注射で気分最悪です。

no image

僕がなぜ詳細な闘病記を書かないか

あ、どうも、味噌汁に乾燥わかめを入れすぎて汁がなくなってしまった雷之電です。タイトル通り、なぜブログという最高の場があってさらに自分の病気をおおっぴらに公開しているにもかかわらず闘病記的なものをほとんど書こうとしないか、についてお話します。もちろん聞かれればふたつ返事でお答えしますよ。少しでもその人の参考になるように、その時はできるだけ詳しくお話しますし、聞かれて困る質問も一切ありませ

no image

もうすぐ一時退院!家でやっておきたいことを決めておこう

急性リンパ性白血病宣告から早8ヶ月、ようやく一時退院が見えてきました。基本1ヶ月単位で治療を行い1~2週間休む、というサイクルで今までずっと入院していましたが、ようやく1、2ヶ月程度の退院の話が出てきました。まだ1ヶ月か2ヶ月かはわかりませんが、これまで死ぬほどキツい抗癌剤治療をしてきたので一時退院できるというだけでとにかく嬉しくてしょうがないです。今は血中の好中球数が文